犬と猫と歩く日々。

Michael Jackson、The Beatles、Todd Rundgren、唐沢寿明が好き ビーグル雑種と黒白猫 http://togetter.com/li/719072

ミゲル・ガーレイロ君の「消臭力の歌」

前日は、親睦会でちょっと飲んだ次の日。
夫はこの日から、東北へ行くのですが、お昼は一緒に外で食べる事になりました。

喫茶セルフィーユで、ランチ。大変美味しかったのですが、それより印象的な出来事がありました。

有線から、あの「消臭力の歌」のフルヴァージョンが流れて来たのです。4分くらいの歌でしょうか。

消臭力の歌」と言えば、短いヴァージョンが、TMレヴォリューションの西川さんとミゲル君のデュエットで流れています。

ミゲルくん、日本語のぺたーっとした感じの発音がすごく上手いのです。ポルトガルの少年が歌っているとは思えません。
この歌のうまさと、声量のすごさは、小さい頃のマイケル・ジャクソンを思わせます。

この歌、歌詞はそのまんま「消臭力」なのですが、あまりにもアレンジが壮大だしミゲル君の実力が凄すぎる。
「頑張らなくてもいいよ、僕がそばに居るから…消臭力〜♪」
という歌詞に説得され、感動してしまった。

「頑張らなくてもいいよ」という励ましは、有り難いけれど、実際頑張らないと生活していけない。そんな訳で、言われるといつも切なくなります。
でも、消臭力とミゲル君に語られたら素直に受け入れてしまう。

こちらは壮大なフルヴァージョンの一部。


11月23日には、全10曲、日本語の歌のCDをリリースするそうです。これは楽しみです!

ニュースソースはこちら。

http://www.cdjournal.com/main/news/-/40255


ミゲル君が、愛する音楽に愛され、素晴らしい音楽の世界で彼自身を表現していく事を願ってやみません。

追記; 小さい頃のマイケルの声は、ミゲルくんより高く、女性的ですね。ミゲル君は太い男の子らしい声。